スポンサードリンク

ゆったりラグラン七分袖の介護用ねまき 【介護用品】【パジャマ】【レディース】【メンズ】【敬...
スポンサードリンク

安全設計にこだわったベッド。簡単リモコンで機械が苦手な方でもお手軽操作。◎<使用後の感想...

短期入所生活介護サービスとは

短期入所生活介護サービスを利用している人が増えているといわれています。いまや高齢化問題は深刻化し、社会問題にもなりつつあります。その解決方法の確立が急がれるとともに介護のあり方に関しても今以上の充実を計ることが急務となっています。そのためには介護のシステムもより多彩に一人一人の環境や状態に合わせて利用できるようにする必要があります。
特に重要なのは介護が必要になってもできる限りそれまでと変わらない日常生活を送るような環境を整えることです。介護が必要になったから施設に送る、ではその人の意思を無視していますし、経済的・精神的にも負担が大きくなります。
そんななか、注目されているのが短期入所生活介護サービスです。これは介護保険のサービスの一種で、特別養護老人ホームといった施設に短期間入所して入浴・食事・排泄などの介護、日常生活の世話、機能訓練といった各種のサービスを受けることができる制度です。

介護現場の腰痛ゼロマニュアル  あなたが始めるデイサービス(続)  困った介護スタッフの指導術30事例

介護が必要になっても可能な限り自立した日常生活を

短期入所生活介護サービスは、介護が必要になっても可能な限り自立した日常生活を送ることができるように、との意図で行われる制度です。同時に自宅での生活の質的向上、家族の負担を軽減される目的もあります。
短期入所生活介護を行っている施設にはおもに2種類があります。「ユニット型」と「従来型」です。「ユニット型」はさらに一定の基準を満たした個室を備えた「ユニット型個室」と基準を満たしていない個室を利用する「ユニット型準個室」とに分けられます。どちらも食事や談話を楽しめる共同生活室が設置されています。
「従来型」は共同生活室のない、個室のみの「従来型個室」と定員二人以上の部屋に滞在する「多床室」に分けられます。
気になるのが費用です。短期入所生活保護の費用は従来型個室で介護料1日760円程度。そのほかリハビリテーション機能を強化、療養食などさらなるサービスを受ける場合はそれぞれ数十円程度さらに負担する必要があります。

短期入所生活介護サービスの費用

居住費と食費は介護を受けている人も生活環境によって異なっています。生活保護や一定の年収以下の条件に該当しない場合は居住費が1日1640円程度、食費が1380円。
なお、短期入所生活介護の連続利用は30日が限度となっています。
介護が必要になっても、体が不自由になっても、自分の家で、家族とともに過ごしたい、というのは誰もが抱く願いです。その願いを叶えつつ、家族の負担を軽減してくれる短期入所生活介護はすぐれた介護サービスと言えるでしょう。

短期入所生活介護